借入額別に見る借金相談の解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.はじめに 

債務整理の方法は、大きく分けて下記3つの方法があります。

債務整理の方法 手続内容
任意整理 裁判所を介さずに、貸金業者やクレジットカード会社と毎月の支払額や将来利息のカット等の返済方法について交渉をして、返済を軽くする手続
個人再生 裁判所の許可を得て、借金の額を約5分の1にして、3年程度(36回払い)で返済をしていく法的手続
自己破産 裁判所の許可を得て、価値のある財産は手放す代わりに、税金等を除く借金をゼロにする法的手続

今回は、借金の額別にどのような手続を取るのが良いのか検討していきたいと思います。

 

2.200万円以下の借金について 

・200万円以下の借金相談の場合には、「任意整理」を選択することが多いです。

200万円の借金を任意整理した場合には、毎月の返済額は約4万円になります。

札幌で一人暮らしの方の場合、年収250万円前後、手取収入が毎月18万円前後あれば、任意整理はギリギリ可能であると思います。下記に家計の概要を記載してみました。数字上は1万円余力があるように見えますが、思わぬ出費もあるでしょうから、このあたりが任意整理可能なギリギリのラインと考えます。

収入 支出
費目 金額(円) 費目 金額(円)
給料 180,000 家賃 50,000
食費 30,000
公共料金

(電気・ガス等)

20,000
携帯電話代 15,000
その他雑費 15,000
借金返済 40,000
小計 170,000
翌月へ繰越 10,000
収入合計 180,000 支出合計 180,000

・個人再生手続きは、個人再生費用を考えると選択することは極めて少ないです。

個人再生の手続きは、裁判所の許可を得て、借金を圧縮する手続きのため、資料収集が大変です。また、個人再生予納金と専門家への手数料を併せると費用が約60万円前後かかります。

個人再生を行った場合、200万円の借金は100万円までしか圧縮できません。そのため、個人再生費用とその手続きの大変さを考えると、選択肢としてはあまり現実的ではありません。

・収入が少ない場合には、自己破産も選択肢の一つです。

自己破産を行うには、借金の支払不能が条件とされています。収入が少なく、借金返済が難しい場合には、自己破産の検討も必要になってきます。なお、生活保護を受給中で借金のある方は、借金を生活保護費で返済することは禁止されているため、破産手続きを検討することになります。

 

3.200万円~500万円の借金について

・500万円以内の借金相談は、「任意整理」希望の方が多いです。

例えば400万円の借金を任意整理して、各会社との交渉が上手く言った場合、月額7万円前後の支払額になります。任意整理を選択した場合、毎月7万円を約5年間継続することになるため、安定した高収入の方や、夫婦共働きの方は任意整理を選択することがあります。任意整理を希望される理由としては、車のローンや保証人がついている借金(例:奨学金)を債務整理の対象から外すことができる事、またご家族に借金のことを秘密にしたいという理由が多いです。

・個人再生も選択肢の一つ。借金の額を100万円に圧縮できます。

任意整理での支払いは厳しく、破産は資格制限があり(例:保険の募集)、一定期間仕事が出来なくなってしまう、また破産自体に抵抗があるという方は、個人再生を選択されます。個人再生を行った場合、500万円までの借金は100万円に圧縮できることが多く、約3年(36回払い)で支払いをしていくため、月額約3万円の支払いです。3万円の支払いなら何とかやっていけそうだという方は多いです。

・収入が安定していない、収入が少ないという方は自己破産検討の必要有り

家計が日々の生活でやっとである、借金返済に充てるお金がないという方は、自己破産の検討が必要です。例えば、札幌で一人暮らし、手取り15万円、借金が400万円といった場合には、任意整理だけでなく、個人再生であっても返済は難しいでしょうから、破産を選択することになると思います。

 

4.500万円を超える借金について

・借金が500万円を超えると「任意整理」での返済は難しくなってきます。

500万円前後の借金を債務整理すると、月額の支払額は約10万円前後になってきます。500万円を超える借金をされている方は、高収入の方がほとんどです。そうすると、住宅ローンや車のローンの支払いもある方が多く、任意整理で10万円前後の借金を返済して、その他にローン返済もしていくというのは、かなり難しい状況になってきます。

・個人再生をすると、借金の額を約5分の1に圧縮できるため、返済可能な額になってきます。

例えば、1000万円の借金があった場合、個人再生が上手くいくと、借金を200万円に圧縮して、3年払い(36回払い)になるため、月額約56,000円の支払いです。もし、1000万円を任意整理すると月額20万円前後の支払いになると思いますが、個人再生だと約56,000円のため、現実的な返済額になってきます。

・自己破産をした場合には、管財事件になる可能性が高いです。

500万円を超える借金になると、借金の理由が生活費以外のことがほとんどだと思います。ギャンブルや投資、浪費といったものも含まれてくると思います。そうなってくると、裁判所はしっかりと借金の理由を調査しようとするため、裁判所は破産管財人という財産調査を行う弁護士を選任する可能性が高いです。破産管財人が選ばれると、裁判所に20万円~50万円程度の予納金を収める必要が出てきますので、破産をするにしても費用が高額になってきます。

 

5.まとめ

借金の額に応じた、債務整理の方法についてご説明をしてきましたが、ご相談者の状況は一人一人異なってきます。例えば、一人暮らしの方と、奥様・お子様一人の三人家族の方では、手取収入が同じ20万円の方でも毎月かかる生活費が大きく変わってきます。また、共働きの家庭か、お子様が何歳かによっても状況は変わってきます。そのため、借金の額や年収だけではなく、現在の家計の収支状況を正確に把握していく必要があります。今後のライフプランも含めて考えていく必要があるため、自分一人で判断するのは難しいと思います。

借金にお悩みの方は、ご自身にどの債務整理方法が一番合っているのか、まずは一度、弁護士・司法書士といった専門家に相談するのが良いと思います。

 

司法書士 平石 悠亮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加